福島県の北部に位置する伊達市は、独眼竜政宗(どくがんりゅうまさむね)で有名な「伊達家」の発祥地です。1189年、源頼朝(よりとも)率いる鎌倉方と奥州藤原氏率いる平泉方の奥州合戦に、常陸国(ひたちのくに:現茨城県)の豪族念西(ねんさい)とその子らは、鎌倉方として参戦しました。念西はこのときの戦功によって伊達郡を賜り、常陸国から移住して伊達を称することとなります。やがて、17代当主政宗は、東北一の大名として天下に名をとどろかせました。


 歴史に触れると、固定概念に固執することなく、事実から客観性を学び取る力がつきます。鎌倉時代初頭の奥州合戦を中心に、平安から鎌倉期の武士の様子を中高生や一般の方々にも、わかりやすく紹介しながら歴史探訪してゆきます。皆さんも兵(つわもの)どもになった気分で、800年前を思い浮かべながら伊達路を探索してみませんか。何か新しい発見があるかもw

 なお、本稿の著作権は「あぶくま食品梶vが有しておりますので、無断転用を禁じます。
 
〈第1話〉
奥州藤原氏一族佐藤氏の里、飯坂(いいざか)を散策

 平安時代の1086年、奥州藤原初代の清衡(きよひら)が岩手県平泉(ひらいずみ)に都城を構え、1124年に中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)が完成した。3代秀衡(ひでひら)の頃には、開拓した私有地(荘園)を広げ、東北地方の豪族を一つにまとめて豊かな国を造り上げていた。

 その頃、藤原一門で信夫の庄司(しのぶのしょうじ)とも呼ばれた佐藤基治(もとはる)は、大鳥城(おおとり)を居城として福島県全域を治めていた。飯坂医王寺(いおうじ)、天王寺(てんのうじ)など多くの壮麗な寺社を融し、まるで平泉のようであった。

 1180年、源義経(よしつね)が平泉の秀衡のもとから源平合戦に旗揚げした折、佐藤基治は子の継信(つぐのぶ)と忠信(ただのぶ)を遣わし、義経は約80騎で出陣した。

 継信は、1185年香川県高松市の「屋島(やしま)の戦い」で、義経を射ようとする矢の楯となって討ち死にした。忠信は、後に不和となった頼朝に追われる義経一行が、京都堀川の館で苦境に陥った際、義経を装い敵を引きつけ、その間に一行を脱出させるのに成功したが、我が身は命を落とした。

 その後、弁慶(べんけい)らと共に奥州に入った義経は、平泉に向かう途中に医王寺へ立ち寄り、遺髪(いはつ:かたみの髪)を埋めて追悼の法要を営んだという。

 源氏にゆかりもない佐藤一族が、なぜ義経に対しここまで忠節だったのでしょうか?

「義経が平泉を立つ際、帰京後に佐藤一門の大将(軍の統率者で、一門の統率者とは違う)として迎える約束があったのでは。」「基治の娘波の戸が、義経の側室(そくしつ:正室の対義語。当時は一夫多妻制で妻の家へ男性が通っていた)であったのでは。」と言われております。

皆さんは、どのように推測いたしますか。
 
おことわり:ご紹介の歴史についてはそれぞれ数多くの説がございます。本企画は、古書や諸説を基に、本稿作者がもっとも有力と判断した内容を自説も交えて記したものです。
■大鳥城址
飯坂温泉街西1kmの丸山(館山)にあり、1157年藤原秀衡が佐藤基冶に築かせたとされる頂上を削平した山城。現在は、麓から頂上まで40分程度のハイキングコースになっており、飯坂温泉が一望できる。
城址には何か有るという訳ではないが、頂上は平坦な広場で芝生も整備されており、ピクニックに良い場所である。
■飯坂
福島市北部に位置する東北屈指の温泉郷。2km北西には天王寺温泉、穴原温泉もある。
現在の大温泉郷は、摺上川(すりかみがわ)渓谷の段丘上に旅館が連なるが、これは1944年の大火がきっかけとなり出来上がった。それまでは、飯坂元湯と言う共同浴場に旅館と民家が隣接していた。
■医王寺
飯坂温泉の南西2kmに位置し、826年空海の開基と伝えられ、佐藤一族の菩提寺である。山門を入るとすぐ右手に本堂があり、1904年に焼失した後1915年再建した。奥の院までは老杉の並木が続いて風情があり、奥の院薬師堂の傍らには、継信・忠信兄弟をはじめとする一族の墓が立ち並んでいる。
また、義経や弁慶ゆかりの品々も保存されている。
 

<第2話>
奥州藤原の佐藤一門と源頼朝軍の合戦「石那坂(いしなざか)の戦い」

第2話は、鎌倉方の公式記録である「吾妻鏡(あずまかがみ)」をもとに、時代監修しながら再現してゆきます。吾妻鏡は、軍奉行として参加した二階堂行政(にかいどうゆきまさ)らの書と見られ、徳川家康が愛読し政治を行う上で参考にしたと言われます。(注:月日は旧暦のため、現在の暦に直すときは1月半足してください)

1187年10月に、戦も政治も上手で、東北地方を一つにまとめていた奥州藤原3代目の秀衡(ひでひら)が没した。以降、頼朝は4代目泰衡(やすひら)に対し、さまざまな圧力を加えてゆく。とうとう泰衡は耐え切れず、1189年4月、岩手県平泉北部の衣川(ころもがわ)館にいた義経を襲撃し自害へ追い込んだ。酒に漬けられたその首は、新田高平(にったたかひら)により6月に鎌倉へ届けられた。不和になった義経とはいえ、頼朝も源平合戦で義経と共に戦った武将も、亡骸(なきがら)を見て涙したという。

泰衡は、義経の首を差し出せば何とかなるだろうと浅はかに考えていたが、1189年7月19日(現9月3日)、頼朝は、義経殺害の制裁を口実に奥州へ向け鎌倉を出兵。埼玉の武将畠山重忠(はたけやましげただ)を先陣とした頼朝本隊は東山道(地図中央)を、千葉常胤(ちばつねたね)を大将とした茨城・千葉の武士団は東海道(太平洋岸)を、比企能員(ひきよしかず)を大将とした群馬の武士団は北陸道(日本海岸)を北上した。
あぶくま食品
*頼朝の奥州出兵路

頼朝は、味方になった豪族に土地の支配権を保障し(本領安堵:ほんりょうあんど)、敵を破り戦果をあげた者には論功行賞(ろんこうこうしょう:ほうび)として敵の領地を分配してきたので(新恩給与:しんおんきゅうよ)、鎌倉殿と呼ばれ関東武士団の棟梁(とうりょう)たる地位にあった。そのため、多くの関東武士を途中加えながら、中央を北上する頼朝本隊は17万、三方全軍で28万にも膨れ上がったと言われるが、明らかにこの数は誇張されたものである。

当時の日本の人口は1千万人ほど。さらに、西国中心で東国はまだまだ田舎。したがって、豪族で500騎、自作農民で戦時に騎馬武者になる郎党(ろうとう)が5万騎、小作農民で、戦時には、なぎなたを持ち騎馬武者を助ける歩兵係、馬の世話係、食料や衣服の運搬係、工作係などをした下人(げにん)や所従(しょじゅう)が16万。実際、戦をするのは騎馬武者なので、戦力は5万程度だろう。

7月29日、頼朝軍は白河の関を無血で越え、佐藤氏の領地福島県に侵入した。奈良時代には、蝦夷(えぞ)の南下を防ぐため、数キロに及ぶ高い土塁(どるい)と堀によってめぐらされていたが、関守(せきもり)もおらずこの頃には有名無実になっていた。

8月7日夕刻、頼朝軍は伊達郡国見町の藤田宿に着いた。真夜中に宿の近くへ落雷があり、縁起が悪いと皆々心配した。
あぶくま食品
*藤田宿:東北道国見IC(地図左側)から南東の伊達郡国見町商店街(ピンク色部)。

翌8日午前4時半頃に頼朝は起床、軍を指揮するため5時半頃に宿から近くの源宗山(げんそうざん)へ移動した。
あぶくま食品
*源宗山:後の藤田城。国見町観月台(かんげつだい)公園の北部にある高台で、現在は古い町営住宅と小さな公園がある。

同日午前6時頃、頼朝は、泰衡の異母兄弟国衡(いぼきょうだいくにひら)がこもる阿津賀志山要塞(あつかしやまようさい)の攻撃とは別に、石那坂砦(いしなざかとりで)【解説1】に向けても出撃させた。
あぶくま食品
*阿津賀志山:旧藤田宿と後(北側)に見える阿津賀志山

石那坂砦のまわりには堀が掘られ、阿武隈川から水を引いて水中に柵を設けていた。ここには、佐藤一門の首長で飯坂の佐藤基治(もとはる)、泰衡の叔父(おじ)で会津の河辺高綱(かわべたかつな)、基治の叔父で福島市五十辺(いがらべ:信夫山の東腹)の伊賀良目高重(いがらめたかしげ)など、佐藤一門の名将が立てこもっていた。【解説2】

常陸国(ひたちのくに:現茨城県)の念西(ねんさい:別名伊佐時長(いさときなが))と、その4人息子、為宗(ためむね)、為重(ためしげ)、資綱(すけつな)、為家(ためいえ)らは下人に変装し、そっと鎧兜(よろいかぶと)を荷車の秣(まぐさ:牛馬のえさとなる干草)の中に隠して、伊達郡沢原辺りから一番乗りをはたした。隊列の武士たちは、手柄を立てようと先を争っていたが、下人は敵将を討ち取っても恩賞を受けられないので油断していた。

先着した伊佐一族は、頼朝から隠密行動を指示されており、立てこもる佐藤基治と伊賀良目高重を城から脱出させ、荷車の秣の中にかくまった(推測した挿入文)【解説3、4】。

伊佐一族は、すぐさま着替えて鏑矢(かぶらや:丸い笛がついていて音が出る弓矢で、合戦開始の合図に用いる)を放ち、「石那坂の戦い」の火ぶたが切られた。激しい弓矢の射合いで始まり、やがて刀で切り合いとなったが、佐藤一門は少数にもかかわらず兵揃い(つわものぞろい)で激しい抵抗にあった。

伊佐為重、資綱、為家は傷を負ってしまうが、佐藤基治は生きてお連れし、一門の武将18人の首級(しゅきゅう:討ち取った首)は持ち帰った。ただちに国見町の陣で首実検(くびじっけん:戦場で討ちとった敵武将の首の身元を大将が判定し戦功を詮議すること)が行われ、陣の北に位置する阿津賀志山の経ケ岡(きょうがおか)にさらされた。